SAMPLE COMPANY

TEL03-5927-8222
受付:9:00~18:00 

食品通販で、反響を得るための原稿作成

弊社クライアントで、1件あたりの獲得単価500円以下を記録。

《商品》《媒体》《原稿》の3点で、全ての条件がニーズと重なればこの数字に近づけることも可能です。

タイトル・写真・価格の3点で売り上げが大きく左右される食品広告。

 広告媒体によって、原稿サイズ(文字数・写真の大きさ)など様々にも関わらず、広告代理店に、ただ「写真」「文章」を渡しているだけではありませんか?。
 弊社では、クライアント様とのベースとなる原稿の打ち合わせに重点をおき、それぞれの広告媒体の大きさや形によって、写真の加工や、文章の変更をし、より見やすく反響が出る広告の作成を目指します。

1.食品通販で大切なのは、商品写真

 弊社では、商品写真に重点をおき、広告のご提案をしています。 〈食材の色味の調整〉を始め、元の写真に手を加えることで、美味しそうで目立つ写真に加工していきます。「広告に適した写真」をご用意いただけるのが、一番良いのですが、写真素材がない場合、ベースとなる写真をいただき、その写真に手を加えご提案いたします。 (すでに完成度の高い写真の場合を除く)※ベースとなる写真がない場合であっても、ゼロから写真素材を作成することも可能ですのでご相談ください。

①色味の調整  ②ボリュームを増やす  ③刺し色を追加  ④箸でつかんだ写真の追加など、写真に動きを加える事で、写真にインパクトを加えます。

弊社で行ったクリエイティブテストの結果では、商品写真の補正によって、 補正前の130%程の反響のUPに成功しました。

2.原稿のタイトルは、インパクト勝負

複数の広告が並ぶ、連合広告の中ではいかに目立つ事ができるかが反響をとるコツ。目を引く写真の作成の次に重要なのは、原稿のタイトル。その商品の特性が一目でわかる強力なタイトルが必要です

3.本文は、しずる感を前面に。

本文は、少ない文字数でわかりやすく。各媒体の文字数に合せて本文を作成していきます。文章は「梅干し」という言葉を聞いて、口の中にすっぱさが想像できるのと同様の読んだだけで味が想像できるような表現が必要となります。



↑ PAGE TOP